建物について


近世の高山の町の歴史は、天正18年(1590年)に金森氏により高山城の建設 が着手された時より始まりました。
今も城山を中心とした城下町的町づくりが残っています。
江戸時代中期からは江戸幕府の天領として高山陣屋の代官により治められ、
特に三町(一之町・二之町・三之町)は町人を中心に現代に至るまで発展いたしました。

茶房大野屋は三町の真ん中にあり、大正年間に建て変えられた建物です。

前面の格子窓(高山格子)、白い麻のれん 四季の花を植え込んだ水車の花壇が目印です。

中に入ると高い天井から差し込む明かりが柔らかく
伝統の高山町屋造りの空間に椅子席と畳敷きの座敷が設けられています。

▲ページのTOPへ